70周年 赤い羽根共同募金が始まりました。
  • 文字サイズの変更:
  • 小
  • 大

70周年 赤い羽根共同募金が始まりました。

70周年 赤い羽根共同募金が始まりました。

70周年赤い羽根共同募金運動が始まりました。

10月1日(土)、京都市下京区「京都マルイ〇|〇|」前において、京都府、京都市の代表、並びに京都府議会、京都市議会の代表、協賛団体(※1)、第1号募金団体(※2)、協力団体(※3)の皆様、地域で共同募金活動にご協力いただいている方々等、約80名の皆様にご参加のもと『70周年共同募金運動開始式典』を行いました。
式典では、「ANA全日空赤い羽根空の第一便」として、ANAキャビンアテンダントの加賀爪さんから京都府知事、京都市長、府共募会長宛の厚生労働大臣メッセージ等が届けられました。来賓の今年度の第1号募金の受領、助成を受けた障がい者芸術支援団体からの感謝の言葉などの内容で、進行しました。
式典の最後には、府共募会長から協力団体に募金箱が託され、式典の終了と同時に、協力団体のみなさんが街頭での募金活動を開始され、秋の訪れとともに始まった「赤い羽根共同募金運動」を京都府民・市民の皆さんに力強く呼びかけていただきました。
 
 1日(日)の午後には、四条河原町交差点付近において、募金ボランティア(※4)の皆さんによる街頭募金活動を行いました。同志社大学、佛教大学の学生さんの熱心な呼びかけの中、戦隊ヒーロー”タナレンジャー”が駆け回り、子ども達の注目を集めていました。
また、京都サンガF.C.のMF14仙頭啓矢選手、FW13岩崎悠人選手(ともに京都橘高校出身)の登場で、募金活動が一気に盛り上がり、サンガファン、サッカーファンの皆さんの声援のなか、握手をもとめる方々で賑わいました。
街頭募金活動は、同じく四条河原町交差点付近において、10月7日(土)、8日(日)にも予定しています。府民の皆様のご協力をお願いいたします。
 
 来年3月31日まで京都府内各地において、赤い羽根募金運動を実施いたします。皆様方からの温かいご支援とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

(※1)式典協賛
社会福祉法人 京都府社会福祉協議会、社会福祉法人 京都市社会福祉協議会
京都市地域女性連合会、明るい社会づくり運動京都連絡協議会
全日本空輸株式会社 京都支店、一般社団法人 京都ボランティア協会

(※2)第1号募金団体
京都市地域女性連合会、公益財団法人 京遊連社会福祉基金
祇園 一力亭、祇園甲部 舞妓 小衿さん
  
(※3)協力団体
京都市地域女性連合会、明るい社会づくり運動京都連絡協議会
京都ボランティア協会、祇園 一力亭
同志社大学、佛教大学
京都サンガF.C.、京都ハンナリーズ
全日本空輸株式会社 京都支店

(※4)街頭募金ボランティアの皆さん
京都サンガF.C. MF14仙頭啓矢選手、FW13岩崎悠人選手(10/1のみ)
京都市地域女性連合会、明るい社会づくり運動連絡協議会、京都ボランティア協会
同志社大学の社会学部社会福祉学科上野谷教授、学生の皆さん
同志社大学ヒーローショウ同好会”タナレンジャー”の皆さん
佛教大学の学生の皆さん

 <当日の進行にご協力をいただいた団体>
京都府社会福祉協議会、京都市社会福祉協議会

インターネットで募金
ネット募金赤い羽根
詳しくはこちら
購入価格の一部が募金できる!
お買い物で募金
詳しくはこちら