龍谷大学学生有志の皆様から平成30年7月豪雨災害義援金をお預かりしました。
  • 文字サイズの変更:
  • 小
  • 大

龍谷大学学生有志の皆様から平成30年7月豪雨災害義援金をお預かりしました。

龍谷大学学生有志の皆様から平成30年7月豪雨災害義援金をお預かりしました。

平成30年10月25日(木)、 龍谷大学様の学生の代表・ボランティア・NPO活動センターの方が、本会事務局に「平成30年7月豪雨災害義援金」をお届けいただきました。
龍谷大学学生を中心とした有志の会の皆さんが7月19日~7月27日に大宮・深草・瀬田の各キャンパス内で呼びかけを行い集めていただいたものです。

お預かりした義援金は「京都府災害義援金募集・配分委員会」で取りまとめを行い、配分基準に基づき、府内の各市町を通じて、被災者の方々にお届けいたします。

龍谷大学の学生を代表して義援金をお届けいただいた、谷口 要(4回生)さんは「災害後、直ぐに学生から被災地のために何かしたいという声があがり、大学も協力してくれて皆一丸となって今回の募金活動を出来たことが良かったと思っています。少しでも被災地復興の役に立てれば嬉しい。」と早期の復興を願っておられました。
また、龍谷大学では8月9日~10日に大きな被害のあった岡山県倉敷市真備町に15名の学生と4名の教職員の方がボランティアに訪れる等、復興に向けて積極的な活動されておられます。

あたたかい義援金をありがとうございました。
「平成30年7月豪雨災害義援金」は、平成30年12月31日まで受付けておりますので、ご協力お願いいたします。

<訪問いただいた皆さま>
(写真下・一番左から)
濱野 瑛奈様(社会学部4回生)
谷口 要様(社会学部4回生)
松坂 智彰様(政策学部4回生)
玉川 隆明様(文学部3回生)
藤本 巴様(経営学部4回生)

インターネットで募金
ネット募金赤い羽根
詳しくはこちら
購入価格の一部が募金できる!
お買い物で募金
詳しくはこちら