赤い羽根共同募金のあらまし

赤い羽根共同募金 京都

  • 文字サイズの変更:
  • 小
  • 大

赤い羽根共同募金 京都

  • 文字サイズの変更:
  • 小
  • 大

赤い羽根共同募金のあらまし

共同募金は「社会福祉法」という法律をよりどころとして、国や市町村でなく、「共同募金会」という民間団体の活動によって行われている募金です。
寄付金は、京都で集められたものは原則として京都で使われ、 私たちのまちの福祉活動を支えて、誰でもが幸せに暮らせるまちづくりのために使われます。

共同募金の特徴

民間性と地域性
共同募金は民間のボランティア活動です。それぞれの地域で募金活動を行ったり、寄付金の配分先を決めたり、広報・啓発を行うなど大勢の府民、市民の方々によって運営されています。

計画性と公開性
募金を行うにあたって、福祉活動を行う団体などからの要望をもとにたてられた地域福祉の活動計画をもとに、その年の募金目標額を定めています。

福祉教育と参画性
共同募金運動では、「たすけあい」、「おもいやり」の心を大切にし、「与えられる福祉」から「互いに助けあう福祉」をめざして、地域の方々に広く呼びかけを行い、理解と協力を得るための活動を行っています。

インターネットで募金
ネット募金赤い羽根
詳しくはこちら
購入価格の一部が募金できる!
お買い物で募金
詳しくはこちら