赤い羽根共同募金のあらまし

赤い羽根共同募金 京都

  • 文字サイズの変更:
  • 小
  • 大

赤い羽根共同募金のあらまし

共同募金は「社会福祉法」という法律をよりどころとして、国や市町村でなく、「共同募金会」という民間団体の活動によって行われている募金です。
寄付金は、京都で集められたものは原則として京都で使われ、 私たちのまちの福祉活動を支えて、誰でもが幸せに暮らせるまちづくりのために使われます。

おいたち・キャラクター

共同募金運動は1947年(昭和22年)に始まりました。第2回目から赤い羽根が運動のシンボルとして使われ、「赤い羽根募金」が共同募金の愛称として広く知られるようになりました。
また、1986年にはシンボルキャラクター「愛ちゃんと希望くん」が誕生しました。愛ちゃんがお姉さん、希望くんが弟で可愛いマスコットが募金活動に活躍しています。

愛ちゃんと希望くん (C)中央共同募金会
インターネットで募金
ネット募金赤い羽根
詳しくはこちら
購入価格の一部が募金できる!
お買い物で募金
詳しくはこちら