本文へ移動

災害に備えて

災害等に備えて~災害等準備金~

共同募金会では、被災地でのボランティア活動を支援するため、社会福祉法第118号規定により寄付金の一定割合を災害等準備金として積み立てています。大規模な災害が発生した場合には速やかに支援を行い、ボランティアセンターの運営に役立てます。平常時には、研修会開催や活動用資機材購入に助成を実施しています。

共同募金は都道府県の区域を単位に行われている運動ですが、大規模な災害が発生した場合には、都道府県域を超えて全国の共同募金会が災害等準備金を拠出しあい、被災地を支援します。

 
 

平成30年7月豪雨災害

  与謝野町にて
ボランティア活動の拠点となるボランティアセンターの円滑な運営のためにいち早く配分金を届けました。
配分市町村は6市町村(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹波町、与謝野町)です。
平成30年7月豪雨災害 京丹波町泥かきの様子
【災害等準備金による被災地支援として】
「平成30年7月豪雨災害」で被災した地域の支援活動のために、災害ボランティアセンターを立ち上げました。共同募金からは、いち早く、ボランティアセンター活動支援のための助成金をいただき、土嚢やスコップなどの備品やボランティアセンターで使用する機器に役立てることができました。平常時も、毎年共同募金の助成金で、備品の購入や市民向け防災講座を開催していたおかげで、いざという時の備えができました。
募金してくださった皆様、ありがとうございました。
 
 
※「平成30年7月豪雨災害」では、ボランティアセンターを立ち上げた6市町村(福知山市、舞鶴市、綾部市、宮津市、京丹波町、与謝野町)に助成しました。
 
0
0
8
2
2
4
 
社会福祉法人京都府共同募金会
〒604-0874
京都府京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375番地 ハートピア京都7F
TEL.075-256-9500
FAX.075-256-9505
TOPへ戻る